山勢拓弥の画像!大学中退後のバナナペーパーとは?結婚や彼女は?

2月4日の情熱大陸出演の山勢拓弥(やませたくや)さんについてご紹介しています。

山勢拓弥さんは現在カンボジアでバナナペーパーデザイナーという仕事をされていて、注目されています。

まだ若い山勢拓弥さんはなかなかのイケメンですが、なんと大学を中退してまでカンボジアで事業を立ち上げたとか。

両親は大反対したそうですが、押し切ってまで自分のやりたいことをしてバナナペーパーが注目されつつあります。

そんな山勢拓弥さんのイケメンな画像や、大学卒業~カンボジアで事業立ち上げに至るまでの話や、経歴、彼女や結婚などについてもご紹介したいと思います。

Sponsored Link

山勢拓弥さんの画像とプロフィール

山勢拓弥(やませ たくや)

1993年生まれで24歳。

東京都足立区出身

出身校はDokkyo University 国際教養学部

一般社団法人クマエ代表

バナナペーパーデザイナー

趣味はサッカー

カンボジアのシェムリアップ在住

こちらが山勢拓弥さんの画像です

山勢拓弥さん大学中退後バナナペーパー事業へ

 

山勢拓弥さんは東京生まれですが2歳の時に福岡に引っ越しており、福岡の私立明治学園中学校に通っています。

私立明治学園中学校は福岡県北九州の中でもトップレベルの学校だそうです。

そのまま私立明治学園高校に通っていた時にスーダンの国際NGOの理事長からカンボジア支援団体「共に歩こう」という団体を紹介されます。

それがきっかけとなり山勢拓弥さんは19歳の時に初めてカンボジアを訪れて、カンボジアのシェムリアップのごみ山問題について知りました。

カンボジアではあらゆるところに大量のゴミが存在していたのです。

日本に帰国してから、大学を中退してカンボジアへ渡ることを決意します。

両親は大反対しましたが、押し切って大学を中退。

2013年に一般社団法人Kumae を設立しました。

Sponsored Link

カンボジアのバナナペーパー事業とは?

一般社団法人Kumaeの事業内容は”バナナペーパー作り”です。

山勢拓弥さんはカンボジアのでパニャサストラ大学で経営学へ通いながら、会社の経営をしています。

日本の大学を中退したので、大丈夫かと心配しましたが、山勢拓弥さんはただならぬ努力と行動力や学びへの意欲がすごい方のようです。

番組中に接したスタッフからも

「思慮深さと行動力を兼ね備えた稀に見る才人。とにかく思い立ったらすぐに行動する。取材中に“1か月で新店舗を作る”と言いだしました。実際、クオリティも高い商品を作り、かつ新店舗オープンも有言実行しました」

とのことなので、頭の回転も早く相当実行力のある方ですね。

 

カンボジアではゴミの山が放置されていて、その中で暮らしている人々の姿を見て衝撃をうけたといいます。

悪臭がたちこめている不衛生な環境で、汚染水なども酷い状態だったそうです。

そんな中山勢拓弥さんは一般社団法人クマエを立ち上げて”バナナペーパー”作りに没頭します。

バナナペーパーとは、バナナの木の繊維からペーパーを作ることです。便箋やポストカート、しおりなどを作って販売しているそうです。

バナナペーパーとはこのようなペーパーです。 

バナナペーパークラフト ライオン

バナナペーパークラフト ぞう

バナナペーパーポストカード
カンボジア現地のスタッフにバナナペーパーの作り方を教えて、現在は5名のカンボジア人のスタッフが作業しているそうです。

山勢さんは主に次の方向性や商品などを考案しているそうです。

カンボジアの日本のお店やホテルに商品を置いてもらって販売しています。

山勢拓弥の彼女や結婚について

カンボジアで頑張っている山勢拓弥さんですが、彼女はいるのでしょうか?

またご結婚はされているのでしょうか?

お調べしたところ、SNSで山勢拓弥さんが

ちょっとの貯金を切り崩しながら事業をやり始めて。最初は通帳のお金がどんどん減っていって、0になりマイナスになってということもあり、怖かったです。そういう時は情けない話ですが、カンボジア人の彼女にお金を借りながら生活したこともありました…。

ということをコメントされていましたので、結婚はされていませんが、どうやらカンボジア人の彼女がいらっしゃるそうです。

将来カンボジアで結婚ということもあり得るかもしれませんね!

今後もバナナペーパー事業でのご活躍を願っています。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。