ルイスネリの体重超過に怒りの声!再戦で山中慎介が負け、王座は?


ボクシング・WBC世界バンタム級タイトルマッチでメキシコのルイスネリに破れました。

2017年の夏にルイス・ネリ選手にTKO負けとなった山中慎介選手。

198日ぶりの因縁の再戦で雪辱を果たすことはできませんでした。

世界バンタム級タイトルマッチ再戦の前日計量が実施されて、なんとルイス・ネリ選手の体重がまさかの計量オーバー!

ルイス・ネリの王座剥奪が決定しました。

この事態には関係者からも怒りの声が多数あがっています。

Sponsored Link

ルイス・ネリが体重超過

ルイス・ネリ選手は前日の公式計量の1度目で、2.3キロオーバー。

再計量しても1.3キロオーバー。

結果として王座を剥奪されました。

長谷川穂積さんや竹原慎二氏も怒りの声!

この事態には国技館の観客から、激怒の声が多数あがりブーイングが飛びました。

 

ルイス・ネリは減量せず若くて強かった

ギリギリまで減量していないルイス・ネリ選手は、試合中は強く、山中慎介選手を4度倒しました。

当日の体重は57.5キロ。

山中慎介53.3キロで一発パス。

これは酷い。

ルイス・ネリ選手は試合後、山中慎介選手の健闘をたたえていましたが、スポーツマンシップがひっかかる後味の悪い試合になりました。

ルイス・ネリーのプロフィール

本名 ルイス・エステバン・ネリー・エルナンデス

階級 バンタム級

身長 165cm

国籍 メキシコの旗 メキシコ

誕生日 1994年12月12日(23歳)

出身地 バハ・カリフォルニア州ティフアナ

 

戦績

プロボクシング – 26戦26勝(20KO)無敗

獲得タイトル

WBCアメリカ大陸バンタム級王座

WBC世界バンタム級シルバー王座

WBC世界バンタム級王座(防衛0)

Sponsored Link

 

 

再戦で山中慎介が負け、王座は空位

ルイス・ネリは試合前に王座を剥奪されていたため、試合で引き分けか、ネリーが勝つかで王座は空位になり、山中慎介選手が勝てば王座に返り咲く条件で行われていました。

結果としてネリーTKO勝ちをしたため、王座は空位になりました。

 

試合に対してのネットのコメントは?

そりゃ減量苦をまったく味合わないで元気なやつと戦ったらきついわ

そりゃあ若くて体重ある方が強いでしょ。

単純にネリ強い、だけに負けるにしても同条件でやって欲しかった

体重落としてても同じ結果とか言ってる人多くて正直呆れる。2段階も階級違うとどれだけ厳しいかは長谷川穂積でわかっていたでしょ。

しかも長谷川はバンダムであんなに強くて、フェザーに上げるとあれだけ厳しくなった。今回なんて自分はバンダムで相手はフェザーなんだ。

元々やる方がおかしくて、今回の試合でネリが強いみたいな感想が出るのはあまりに見る目がなさすぎる。

 

と、非難轟々です。

竹原慎二氏は山中慎介選手をたたえ、ルイス・ネリに対しては「リングに上がる資格は無い」と体重超過のネリを非難しました。

ルイス・ネリに対しては「ダメな奴だ、もっと厳しいペナルティが必要だ」と怒りの言葉を向けています。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。