ミニトマトの苗を購入する際、丈夫な苗を選ぶために覚えておきたいポイントは?

こんにちは!早いもので、今年も苗を購入する時期がやってきました。

ホームセンターへ仕入れに行ってきましたが、昼から、年配のおじいさんの多さにびっくりしました。

おじさんだらけのホームセンターにて、1人今年の苗を吟味する私。

今年は早目に行ったおかげで、大量に入荷されていて、まさに選びたい放題の状態でした。

トマト以外にも本当に色々な種類の苗があって、見るのが楽しく、ついつい全部欲しくなってしまいます。

たくさん育てたいけど、苗の他に色々なタネも購入していて管理が無理になりそうなので、シンプルにミニトマトを見て回りました。

即、目に止まったのが”接木のアイコ”です。去年は苗の購入に乗り遅れて、接木ではなくて実生苗でしたが、それでも大量に実がなったので、接木ならもっと盛大に強く育つだろうということで迷わず接ぎ木のアイコを2本購入しました。できるだけ強そうなのを選びました~。

 

Sponsored Link

 

苗を購入する際、いい苗を選ぶポイントは?

 

 

  • 接ぎ木か否か(接ぎ木のほうが丈夫で、実がたくさんなりやすい!)
  • 一番花が咲いているもの
  • 茎が太いもの
  • 葉が濃い緑色で、虫のついていないもの

 

 

やはり接ぎ木が最強です。よく198円などで売られているのが自根苗で、接ぎ木は300円前後と、100円程度アップします。接ぎ木は強い上育てやすく実付きも良いので、100円をケチらずに接ぎ木を選んだほうがベストでしょう。よ~く見ると、たまにアブラムシがついている苗もありますので、よくチェックしてくださいね。

そんなこんなで、大量入荷で選びたい放題の中、ひときわ人気が高くて既に売り切れ状態のミニトマトが!

”つやつやぷるんっ”っていう甘くてとろけるトマトで、欲しいんだけど、最後の1本。

自根苗でボロボロ状態の小さすぎる弱そうな苗の上、値引き無し!!という悪条件。しかも下の葉が破れている状態でした。条件悪すぎてちょっと・・でもすっごく甘そうで人気な模様。そのホームセンターで大人気なようでそのボロ苗をしばらく検討してみましたがやはり欲しくなって、ダメ元で購入しました。

そんなボロ苗が結構お値段が高く、アイコより高くてびっくりです。

本当にいまにも枯れそうな小さな苗ですが、果たして無事育ってくれるのでしょうか?

もう一本は、何気なく購入して、あとでよく見たら”中玉トマト”って書いてあってびっくり。てっきりミニトマトだと思って購入してしまいました。

甘くてフルーツのようなオレンジの中玉トマトだそうで、珍しいし食べるのが楽しみです♪

あと、迷いましたが、キュウリの苗も1本だけ購入しました。

キュウリは年によって成功する時と全くダメな年があって、成功すればとにかく大量にとれるので今年もチャレンジしました。

去年もキュウリを育てていて、途中まで順調だったのですが、梅雨の豪雨で一気にやられて元気がなくなってしまったので、今年はできるだけ雨風から守って育てていきたいと思っています。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。