ルッコラの種をプランターにまくときのポイントや手順、発芽までのまとめ

 
先日ルッコラの種をプランターにまきました♪水耕栽培かプランターか迷いましたがプランターでがっつり大量にそだてたかったのでプランターにしました。ルッコラの種をまいた時に気づいたことや手順などをまとめておこうと思います。

必要な物は、水はけ用の石、野菜用の土、お好きなサイズのプランター(長いタイプがオススメ)、割り箸、以上です。

まずプランターの底に水はけ用の石を敷き詰めます。
水はけ用の石は毎回よく使うので、ホームセンターで結構安くで売っているので、ストックしておくと良いと思います。水はけ用の石を入れたら、野菜用の土を入れます。私は「金の土」を使用しました。

ルッコラの種はとても小さく、ゴマの半分ぐらいの大きさです。軽くて水に流れてしまうので、種をまく前に水をやっておきます。

ここからがポイントなのですが、筋蒔きをするために土の上のに割り箸をそっと置き、上から少し強めに押しつけます。すると、きっちり溝ができるので、その溝に種をパラパラと筋蒔きします。この方法で割り箸を使うと簡単に溝ができるので、おすすめです。
以上の工程で種まきは終了です。
 

ルッコラの発芽は思っていた以上に早かった

 
こんなに早く発芽するとはびっくりです。2日後にはすごい数のルッコラが顔を出していました!

凄い勢いで育っていて日に日に大きくなっていく姿が楽しめるので、初心者さんにおすすめです。すぐ食べられますしね(笑)

そんなこんなで数日後、あまりにもプランターにびっしりと生えていたので、少しだけ間引きしました。1回めの間引きは発芽してからすぐです。2回めの間引きは双葉が4枚程度育った頃にします。ギュウギュウ状態だったので、根っこがからまっていてしまって、間引きが少し難しかったです。

間引きは、早目にしたほうがよさそうですね。

2週間もすると食べられるぐらい大きくなったものもあり、少しだけとって食べてみました。ルッコラを収穫しているそばから、とてもゴマのいい匂いがしています♪サラダに入れて美味しくいただきました。

ちょっとピリッとした風味が加わって、私は大好きな味でした。

よくスーパーでミックスリーフが売ってますが、その中にもよく入って混ますよね。

今回たくさん種をまいたので、まだまだたくさんルッコラが育っていてこれからが楽しみです。

15cm程度になった頃が一番美味しいとされていて、収穫する際には外側の葉から収穫すると、次々に生えてきて長く収穫できます。

暑い時期には花がさいてしまうので、その前に収穫しましょう。収穫後に液体肥料などを与えておくと次回も上手く成長するのでおすすめです。

 

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。