義母と娘のブルース最終回最後の結末ネタバレは?原作の感想は?

「花より男子」「逃げるは恥だが役に立つ」など漫画原作によるドラマはヒット作が多いですよね!

7月10日よりTBSで放送される「義母と娘のブルース」も、漫画を原作としたドラマです。

今やさまざまなドラマで活躍するようになった女優、綾瀬はるかさんが主演を演じます。

綾瀬はるかさんって、強い女性の役柄が多いですよね?今回もまたバリキャリ女子の役ですね。

他にもNHKの朝ドラ「半分、青い」で世の女性を虜にしている佐藤健さん、注目子役横溝菜帆ちゃんなど魅力的なキャストが多数出演しています!

ここでは「義母と娘のブルース」はどんなドラマなのか、原作の最終回やドラマの結末予想などを解説していきます。

Sponsored Link

義母と娘のブルース原作のあらすじは?最後は感動しそう!

義母と娘のブルースは桜沢鈴さんによって描かれた4コマ漫画が原作です。

あらすじは、バリキャリとして活躍していた32歳の女性、岩木亜希子(綾瀬はるか)がバツイチの宮本良一という男性と結婚。

彼の娘のみゆきも一緒に暮らすとこになるというものです。

バリキャリとして仕事一筋だった亜希子が、世間一般の主婦とズレているというのが魅力の漫画です。

コミカルな内容ですが、実は最後はとても感動するストーリーなのです。

 

義母と娘のブルースのキャストは?

ドラマでは、綾瀬はるかさんが主人公の亜希子役です。

夫の宮本良一役が竹野内豊さん

娘のみゆき役が横溝菜帆ちゃん

他にも佐藤健さんが出演し、高校生役のみゆきを上白石萌歌さんが演じるなどキャストが豪華です。

義母と娘のブルースのあらすじとネタバレ

義母と娘のブルースの内容は、いきなり母になった主人公の亜希子のことを、娘がどう受け入れていくか?

というファミリードラマです。

一話のあらすじとしては、綾瀬はるかさん演じる主人公の亜希子が、横溝菜帆ちゃん演じる娘のみゆきに、まるで会社の打ち合わせで行うように名刺を差し出して挨拶をするというのです。

もちろん、亜希子は「この人嫌い」と、初対面で娘に嫌われてしまいます。

ですが、亜希子はめげずに児童心理学を読んだり、みゆきの周囲をリサーチしたりとあらゆる策を練ります。

主人公の亜希子はバリキャリ女子なので、子育ても仕事同様バリバリなのですが…

亜希子が一生懸命ながらもどこかズレているところが魅力ですね。

亜希子がみゆきと果たして本当の親子になれるのか、それがこのドラマの気になる部分です。

Sponsored Link

最終回・最後のネタバレと結末と感想!

「原作の義母と娘のブルースはもう完結しているの?結末は?」と気になるところですが、実はもう完結している作品です。

ドラマのあらすじを聞いただけでは予想もできない展開が、原作では待っているようです。

そもそも「なぜバリキャリの亜希子はいきなり結婚したの?」というのがドラマでも気になると思います。

実は原作では夫の良一と亜希子は「仮面夫婦」であることが明かされます。

しかも……良一はもう余命を宣告されている状態なのです。

良一は娘のみゆきが自分の亡き後、一人ぼっちになってしまうことを恐れて、亜希子と出会って夫婦になることに!

しかし、良一と亜希子は仮面夫婦という枠を超えて、お互い愛しているということに気づきます。

ですが、良一はそんな幸せの最中に旅立ってしまいます。

原作最終回ではその後、良一がいなくなった悲しみを乗り越えて、本当の家族となった亜希子とみゆきが、お互いに年を取っていきます。

そしてみゆきが結婚した後に、今度は亜希子が余命わずかになります。

みゆきとみゆきの夫、姑と4人で暮らしていたある日、亜希子のもとに旅立ったはずの良一が迎えに来て物語は終了となります。

義母と娘のブルースの感想は、最初はコミカルな内容かと思えば、最後は超感動します。

この結末には「4コマでこんなに泣けると思わなかった」という感想も多くあります。

漫画の原作でこれなので、ドラマの最終回も感動して泣けそうですね。

ハートフルなほのぼのファミリー4コマと思って読むと、思わず涙が止まらなくなるかもしれませんね。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。