不倫浮気なぜ宮迫がセーフで斉藤由貴とベッキーはアウト?理由は事務所?

最近、色々な方の不倫問題がかなり世間を賑わせていますが、不倫しても殆どおとがめなく出演し続けるケースと、叩かれまくって消えてしまう人との違いは何なのでしょうか?

ベッキーなんて、叩かれまくって仕事まで干されてしまいましたよね。

斉藤由貴さんも、現在攻撃されまくっています。

そんな彼らを横目に、一方では不倫したけど普通に出演し続けている方も。

宮迫さんやマギーさんなどは、特に仕事に影響なく出演されています。

本記事では不倫を否定や肯定するのではなく、単純になぜアウトとセーフが分かれるのか、理由や違いを考えてみたいと思います。

Sponsored Link

過去に不倫した人セーフとアウト判定

宮迫さん→セーフ(オフホワイトからホワイトへ)

マギー →沈黙の末セーフ

ベッキー→超アウト

斉藤由貴→アウト

渡辺謙→文春砲一発目はセーフかのように思えたが結果としてアウト

矢口真里→超アウト

乙武洋匡→アウト

石井竜也→あまりおとがめなし&仕事も影響なし

 

love

アウトとセーフの差はなぜ?

こうしてみると、アウトが多いですね。

少数ですが、何事もなかったかのように普通に出演し続けている方もおられます。

特に最近では宮迫さんですが、文春砲されまくっていたのに、どんな攻撃をうけても、実際の報道番組では大騒ぎされませんでした。←やはりココですよね。

ご本人が出ていた『バイキング』でも、キャストもその話題を突っ込まなかったし、宮迫さんが辻褄の合わない事を言っても突っ込まれませんでした。

まるで事前に打ち合わせされているかのように、シレ~っとした感じで終わりました。

最近では、ネタにもっていって笑いに変えていますよね。芸人さんのお決まりの方法ですね。

なぜか大騒ぎされず、ネタが取り上げられない。

宮迫さんって番組出まくってますし、毎日見ない日はありません。

そのぐらい事務所の稼ぎ頭の売れっ子なんです。

この辺でなんとなくわかりますが、きっと事務所の力が強いのでしょう。

Sponsored Link

ベッキーが特別叩かれたのはなぜ

逆に、ベッキーも同じく文春砲されました。

当時は「まさかあのベッキーが!?」と世間の殆どの人が驚いたと思います。

なぜならベッキーのイメージが、とてもいい人のイメージがあって、ピュアなイメージが強かったのです。

しかも当時は人気絶頂で沢山の番組に出演していました。

そんなベッキーが、まさか!?という驚きと共に、第二段、第三弾、と次々にやられてしまって、再起不能なぐらい叩かれてしまいました。

ベッキーの場合は「それしかネタないのか」というぐらい毎日批判されまくりましたよね。

しかも、当時は超売れっ子でCMもかなりの本数に出ていましたし、レギュラー番組もありました。

そのほとんどが、すごい早さで契約解除や降板になり、再起不能になるぐらい批判されてしまいましたよね。

ちなみにベッキーの事務所はサンミュージックで、ベッキーの騒動でガタっと収入が減って危なかったそうです。

同じく不倫ネタで叩かれた、矢口真里の事務所はアップフロントクリエイト。

 

結論として所属事務所の力の差も関係しているのではないかという理由があがってきます。

しかも売れっ子であればあるほど、事務所に守られて「おとがめなし」になりそうです。売れっ子じゃなかったら、守られないかもしれませんが・・(笑)

松ちゃんが「事務所によって番組での扱われ方が全然違う」と言っていたし、所属していた事務所によって運命が分かれるのではないかと思われます。

宮迫さんも現在殆ど影響なく出演されていますし、最近はもう周りが宮迫さんの不倫をネタとして爆笑に変えていますよね。

一方で叩かれている斉藤由貴さんの今後がどうなるのか気になるところです。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。