アーサーTがマーケットバスケットを解雇され復帰!アンビリバボー


アンビリバボーで特集された、社長アーサーT。

アーサーTは、アメリカのマーケットバスケットというスーパーマーケットの経営者でありCEO(最高経営責任者)です。

アーサーTは人に愛されて経営していましたが、ある時にある事情で経営から外されてしまいます。

その後多くの人々の声により復帰するのですが、それまでの道のりがすごいのです。

それではアーサーTの感動のストーリーについてご紹介したいと思います。

Sponsored Link

マーケットバスケットとは?

 

マーケットバスケットは、アメリカのスーパーマーケットです。

各地にチェーン店があり、アメリカ全土に79店舗あります。

1916年にギリシャから移民してきた兄弟が協力して立ち上げられたスーパーです。

家族経営で経営されてきたマーケットバスケットですが、創業者の兄弟にも子供ができ、お店は子供たちに相続されることになります。

アメリカで有名なスーパーといえばウォルマートなどがありますが、もっと低価格でサービス重視の人気のスーパーマーケットだそうです。

 

 

 

アーサーTとアーサーSは兄弟

 

創業者の子供達はアーサーTと弟のアーサーSで、2008年にその2人にスーパーが相続されました。

いわゆる世代交代でした。

相続後マーケットバスケットはチェーン店を増やして拡大していきました。

 

2008年にアーサーTがマーケットバスケットの社長になりました。

アーサーTは「人を大切にする」経営を大切にしていて、多くの人から慕われていました。

 

一方アーサーSは「利益を大切にする」経営でした。

アーサーTは、お客も従業員も家族同然に大切にして、待遇も手厚くサポートし、各にはしっかりと利益を還元するスタイルで経営していました。

一方アーサーSは、お店の利益がなにより一番だと考え、たとえアーサーTの経営で売上高が良くなっても、株主の利益を追求してないと疑問を感じていました。

Sponsored Link

アーサーTが経営から排除

 

アーサーSは株主が儲かっていないことも不満に思っており、

常日頃からアーサーTのことを快く思っていなかったアーサーS。

 

マーケットバスケットの株式が

アーサーTが49.5%

アーサーSや他の親族等株主が50.5%

を保有していたため、決定権がアーサーSにあり、アーサーTを経営から排除して追放してしまったのでした。

 

アーサーT復帰のデモまで

 

アーサーTがいなくなってから、アーサーSは2名のCEOを雇い入れました。

しかしそのCEOが過去に大企業の業績を悪化させていた人物だったり、アーサーSの自分達の利益を優先するスタイルも影響してか、経営は悪化する一方でした。

 

アーサーTサイドの幹部も8名が職場放棄したり、従業員は仕事をボイコットしたり、最悪の状態に。

しかも多くの客がデモを起こし「アーサーTを返せ」というプラカードを持って押し寄せました。

 

幹部や従業員だけでなく、客もデモをおこしボイコットをすることに。

更には取引先の会社までアーサーSの経営に対してボイコットしました。

 

品物を運ぶ運転手もボイコット、

最後には品物も従業員もお客もいない状態になりました。

 

ボイコットの様子はこちらです。

 

 

 

 

Sponsored Link

 

ボイコットは更にエスカレートして、「アーサーTが戻るまではマーケットバスケットでは購入しない」という流れになり、客達は他のスーパーマーケットで購入したレシートをあちこちに貼って「マーケットバスケットはこれだけ損をした」と言ったり、SNSでデモを拡散させました。

 

このデモが2ヶ月も続き、困った業者が政治家にまで相談します。

 

最後にはアーサーSは、アーサーTを経営に復帰することを認めますが、55.5%の株(総額15億ドル)を購入するように条件をつけました。

 

不可能に思われましたが、地元の投資会社などが援助して、アーサーTは無事マーケットバスケットの経営に復帰!!

こちらがアーサーTが復帰した時のスピーチです。

 


このスピーチが感動的だと話題になりました。

この話はマーケットバスケットの奇跡として、書籍化もされています。

 


アーサーTは人を第一に考えてきたので、人から愛されて人に救われるという、アメリカの国民を動かした、感動的なストーリーでしたね。

この騒動が起きたのが、2014年と最近なのも驚きますね。

現在はCEOとして復帰し、経営も立ち直っているとのことです。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。