中村獅童 肺腺癌のステージや病院退院後の現在は?野際陽子と同じ癌!

歌舞伎俳優の中村獅童さんが2017年の5月に、初期の肺腺がんであることを発表しました。

中村獅童さんのステージはどのぐらいだったのか、治療後の現在はどのような状態なのでしょうか?

定期的な人間ドックで発見されて「すぐに手術をすれば完治する」と医師から説明されたそうです。

そのため、仕事をセーブして6月上旬に手術して10日ほどで退院されたようです。

現在はどのような状態になっているのでしょうか?

Sponsored Link

中村獅童の肺腺癌のステージは?

中村獅童さんのなった肺腺癌は、

「腺がん」「大細胞がん」「扁平上皮がん」「小細胞がん」

の4種類があり、中村獅童さんは初期の末しょう型だったそうです。

この種類の癌は、気管支の先や肺の奥にできるタイプのもので、普段の生活での症状は無いそうです。

肺腺がんは女性に多く、初期なら手術で取ってしまえば完治可能な癌ということです。

人間ドックの定期検診で発見されました。

中村獅童さんのステージは初期の段階で、大きさは3センチ未満。

ステージIAと推測されたそうです。

大きさが1センチ未満の場合はほぼ100パーセントの生存確率があると言われていて、今回は余命宣告の心配はないと言われています。

そして、進行が比較的遅いタイプであったことも幸いしました。

 

中村獅童の経歴プロフィール

1972年9月14日生まれ

現在46歳

祖父は三代目・中村時蔵

父親は初代・中村獅童

叔父に初代・萬屋錦之介、中村喜葎雄

Sponsored Link

病院での治療と退院後の現在は?

中村獅童さんは、2017年の5月末に手術を受けて、6月7月の仕事を休演しました。

7月28日には11月の「松竹大歌舞伎」へ舞台復帰するということを発表しました。

肺がん手術では一般的に手術後1~2週間で退院できます。

そして術後1か月程度で通常の日常生活を遅れるぐらいに回復します。

手術して小さくなった肺は、他の部分が広がるそうです。

切除した分、肺活量は落ちるそうですが、中村獅童さんの場合まだ年齢も若いため肺機能は十分あって、お仕事も以前と変わらずに復帰できると言われています。

野際陽子やイトキンも同じ癌

肺腺がんといえば、故 野際陽子さん(女優)さんや、現在治療中のET-KINGのいときんさんなど、多くの芸能人の方がかかっています。

いときんさんはステージ4とのことで衝撃をうけましたが、現在治療療養中とのことです。

この肺腺癌は普段の生活では全く症状がないため、正気発見が肝心になってきます。

早期発見するためには、レントゲンの場合は発見出来ない場合もあるそうで、人間ドックやCTスキャンでしか発見は難しいそうです。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。