丸山ワクチンの費用や効果・病院・副作用・受け方は?丸山千里が開発


世界仰天ニュース・スペシャルで取り上げられた「丸山ワクチン」が話題になっています。

丸山ワクチンは、日本医科大学元学長で名誉教授である故丸山千里博士が開発したワクチンで、教授の名前をとって「丸山ワクチン」と呼ばれています。

「夢のがん特効薬」を開発した丸山千里博士が、当時の厚生省に認可されず、認可に向けて生涯をかけて戦うことになったストーリーが素晴らしく心を打たれた方も多いのではないでしょうか?

なぜこんなにも良いワクチンが認可されなかったのでしょう。

ここでは丸山ワクチンについて、費用や効果・副作用・受け方などをまとめています。

Sponsored Link

丸山千里博士が開発した丸山ワクチン

1944年に日本医科大学元学長で名誉教授である故丸山千里博士が開発したワクチンです。

無色の透明の皮下注射液。

主な成分は、ヒト型結核菌から抽出されたリポアラビノマンナンという多糖体と核酸、脂質です。

皮膚結核のために開発されましたが、肺結核やハンセン病の治療にも使用されました。

最終的に、丸山ワクチンの支持者からは末期がん患者に効果があると言われました。

当時厚生省に認められず、薬効の証明の目処は立ってません。

 

 

丸山ワクチンの効果

がん細胞は、正常な機能を失った異常な細胞が増えていく病気です。

そのためその異常な細胞(癌細胞)を減らすか取り除くなどが必要になります。

代表的なものとして

手術で取り除く

抗がん剤や化学療法(癌細胞を退治するためにきつい薬を投与するが自分の健康な細胞もやられてしまう)

放射線療法(がん細胞に放射線をあてる)

免疫療法(自分の免疫を増やして癌をやつける)

などのち療法がありますが、丸山ワクチン 免疫療法として使用されます。

癌は、本来の機能を失った異常な細胞がどんどん増えてしまい、正な働きをしなくなってしまう病気。異常な細胞を減らしたり、除いていく必要があります。

丸山ワクチンは、主に白血球を増やしての免疫を高めたりされた効果があるとされています。

Sponsored Link

丸山ワクチンの費用や病院での受け方は?

1964年から使用されてきた丸山ワクチンは、現在でも、「治験」という形で行われています。

つまり丸山ワクチンをうけることは可能です。

具体的な投与法で

1日おきに皮下に注射

40日分(20アンプル)を1連の治療期間とされています。

「有償治験」は、費用が発生します。

費用は税抜き9000円で、その他には通常の診察料や処置料、などの価格は自費でかかります。

丸山ワクチンの受け方

「治験」のための手続きが必要です。

殆どの場合は主治医が行いますが、日本医大に治験を受けることに対する治験登録書と承諾書を提出。

後は丸山ワクチンについて承諾するために、家族、や親族や本人が日本医大に行く必要があります。

丸山ワクチンの副作用は?

丸山ワクチンは結核菌の成分ですが結核菌そのものでないため、大きな副作用はないそうです。

※注射部位が腫れるなどのワクチン特有の副作用は見られるそうです。

世界仰天ニュースを見た人のTwitterの感想や口コミ

ツイッター見ている限り、完全に医療界の利益、構造の問題から丸山ワクチンが否定された、というストーリーが出来上がってるみたい そう印象が残るよう番組が作られていたのだから仕方ないことだけど 患者さんや周辺の方はそれはそれとして、冷静に行動していただけることを心より祈ってます

丸山ワクチンの真実、(初めて聞いたんだけど)いかに医療や製薬業界が癒着・腐敗していたかって話。だけど、未だに承認されてないんだね。この40年、確かに他にも薬が色々開発されてるんだろうけど、一つの選択肢として認可されて然るべきなのに未だにこんななんだね。

いい加減丸山ワクチンを認可したらどうでしょう。全ての人に効くとか効かないとか、それはどの薬でも同じでは?

一応「当時の」厚生省は認可しませんでしたが、いい薬が開発されると厚生省や製薬業界が一斉に潰すという図に腹立たしいものがありましたね。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。