BG 身辺警護人 最終回あらすじネタバレと感想!ゲストは矢沢永吉!

木村拓也さん主演の「BG~身辺警護人~」がとうとう最終回を迎えます。

キムタクは今までかっこいい役柄が多いのですが、以前とは少し違った面も。

このドラマでは木村拓哉が扮する島崎章はたまに「カッコ悪い」部分も垣間見えています。

格闘シーンでも怪我をしたり足を引きずったりしているし、島崎章の中学生の息子との関係もぎこちなく、「あなた」と呼ばれたりして、全て上手くいくわけではなく、なんだか人間味あふれる木村拓哉さんが逆に新鮮でもありますね。

同僚からはオッサン呼ばわりされたりしていて、今回のドラマは一味違った感じです。

そんなBGの最終回のゲストが大物すぎる、その理由やあらすじのネタバレなどを記載していきたいと思います。

Sponsored Link

BG 身辺警護人 最終回は?

キムタク扮する島崎章は上川隆也扮する村田課長がいなくなった後で、身辺警護課内の対立状況に直面します。

斎藤工扮する高梨は、あらぬ汚名を着せられた上川隆也扮する村田課長の濡れ衣を晴らして名誉を取り戻そうとしますが、キムタクが扮する島崎はまず身辺警護課の組織を維持することを主張します。

そして、身辺警護課が「民間」の組織で、武器を持たない組織ということもがポイントになってきます。

SPと違って「武器を持たない民間のボディーガード」という弱みを持ちながらも、問題を解決しようと奮闘していきます。

武器を持った大きな権力のある組織ではない、という身辺警護人が、大きな組織や国家にどのようにして立ち向かうのかが最終回の見どころとなっています。

BG身辺警護人の意味は?主題歌やロケ地は?

 

 

BG斎藤工モデルの時計がすごい!

BG 斎藤工モデル LUMINOX【ルミノックス】3502 COLOR MARK SERIES 200m防水 45mmケース
 

BG 身辺警護人 最終回あらすじは?

 

発砲事件に巻き込まれ命を落とした村田五郎(上川隆也)。唯一現場の状況を知ることができるはずだった村田の遺品であるICレコーダーも、警察の手によってデータを消され、いよいよ真相は闇の中に葬られようとしていた。

「民間のボディーガードが無謀な行動をし、銃で撃たれた」と週刊誌などにも下世話に書き立てられ、悔しい思いを抱く島崎章(木村拓哉)ら。しかし決して諦めることなく、村田の汚名をそそごうと誓った矢先、厚生労働大臣の職を辞した立原愛子(石田ゆり子)が「私が真実を話します」と名乗り出てくる。

証拠も隠滅された今、残された方法は現場にいた人間が証言をしてくれることだけ――愛子の申し出を受けた章たちは、真相を語ろうとする彼女の警護をすることに…。しかし、そのことによって章たちの身にも危険が迫り…?

その頃、SPの落合義明(江口洋介)は上司の氷川(宇梶剛士)に「みずから事件の処理をする」と宣言。驚きの行動に出る!

とのことなので、初回から登場していた立原愛子(石田ゆり子)が政府や警察が隠蔽しようとしていた事実を公表して、大きく展開が変わるキーパーソンとなりそうです。

江口洋介が扮する落合も、敵ではなく味方になるかもしれません。

 

最終回一部ネタバレは…?

7話以降はラストまで、ひとつの事案で描いていきます

島崎の前にな壁が。さらに日の出警備保障も窮地に陥る

島崎と高梨の関係や警視庁SPとの確執も描かれる

といった最終回になるそうです。

村田(上川隆也)はもしかして生きているのでは?とも噂されていますが果たして…

 

※最終回の感想は更新いたします。

 

最終回のVIPゲストは矢沢永吉!

3月15日最終回の「BG~身辺警護人~」のゲストは、なんと矢沢永吉さん!

なぜ矢沢永吉さんがゲストになったのか、その理由は?

木村拓哉さん本人の希望で、矢沢永吉さんが出演することになったそうです。

スタジオで、BGの最終回に出てもらうVIPゲストは誰がいいかという話をしていた時に、木村拓哉さんが「矢沢永吉さんにお願いしたい」と提案されたそうです。

その話が現実となり、オファーをうけてくれた矢沢永吉さんが最終回のゲストとして登場することに!

木村拓哉さんも感激したそうで、スタジオに登場した矢沢さんにガッツリと握手して雑談していたそうです。

木村拓哉さんの希望が叶った最終回が楽しみですね!

矢沢永吉さんが出演するシーンは、日本武道館で行われたそうで、600人ものエキストラも動員されたそうですが、エキストラの方々は矢沢さんが登場することを知らなかったため、本人が登場すると大きな歓声が上がったそうです!

 

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。