坂口憲二が現在消えた理由は難病…病気の病名は?嫁や子供の画像は?


俳優の坂口憲二さんが難病を患っていることを発表しました。

同時に芸能活動も無期限休止すると公表されました。

最近見かけなくなり、ネットでは病気が原因では?と囁かれていましたが、本当に病気でしかも難病であったことが分かりショックですね。

坂口憲二さんといえば父親が元プロレスラーで柔道家の坂口征二さんで、がっちりとした体格でイケメンというかっこいいイメージがありますが、難病とはどんな病気なのでしょうか?

現在はどうしているのでしょうか?

ここではそんな坂口憲二さんの難病の病名や治療、嫁や子供についてご紹介したいと思います。

Sponsored Link

坂口憲二のプロフィール

坂口憲二(さかぐちけんじ)

東京都出身

1975年11月8日生まれ

身長 185cm

明治大学付属中野高校卒業

ハワイ東海インターナショナルカレッジ卒

1999年に芸能界デビューしています。

雑誌のメンズクラブでモデルデビューし、ドラマのベストフレンドで俳優業もスタートしました。

 

 

 

坂口憲二が現在消えていた理由は難病だった

以下、坂口憲二さんの難病が発覚するまでの経緯です。

以前はドラマなどでよく見かけていた坂口憲二さんですが、近年めっきり姿を見なくなってしまいました。

初めて右股関節の痛みを訴えたのが2012年8月のことでした。

当時「十三人の刺客」という舞台をしている時に、右股関節が痛くなったそうです。

2012年に痛みはじめてからどんどん重症化して2014年に病院に行って精密検査したそうですが、病名は不明なままだったそうです。

しかし2014年にはすでに松葉杖を使うぐらい悪化していて、当時女優の加藤あいさんが結婚された時に、坂口憲二さんが松葉杖姿で出席したことで、周囲が驚きました。

そのため、坂口憲二さんは何らかの病気にかかっていると言われてきましたが、病名が分からないまま…

Sponsored Link

難病の病名がついに判明!

2015年についに病名が判明しました。

病名は「特発性大腿骨頭壊死症」という難病でした。

一体どんな病気なのでしょうか?

大腿骨頭の一部が、血流の低下により、骨が腐った状態ではなく、血が通わなくなった状態に陥った状態です。発生すると、痛みが出現し、発症に時間的に差があるので注意が必要です。骨壊死に陥った部分が潰れることにより、痛みが出現します。

引用:特発性大腿骨頭壊死症 難病情報センター

 

厚生労働省の特定疾患に指定されている難病で、治療法が確立されていません。

骨がつぶれて痛んだり歩行が困難になった場合は、手術をして人工関節に置換したりするようです。

大腿骨だけではなくて、他の部位にも発症する可能性があるようです。

坂口憲二さんの現在は?

坂口憲二さんは現在は病院に通いながらリハビリをしているそうです。

治療に専念してから今後の動向を考えたいそうなので、しばらくは身体のためにも無期限休養されるとのことです。

事務所には活動を休止するだけでなく退社する意思も伝えたようです。

坂口憲二さんの姿が見れなくなるのは残念ですが、是非しっかりと治療やリハビリに専念してほしいと思います。

坂口憲二の嫁と子供は?画像は?

坂口憲二さんは2014年3月に一般女性と結婚しました。

できちゃった婚でした。

相手の女性は飲食店を経営する美人女性だと言われていて、清楚な感じの方のようです。

嫁の画像はこちらです

お子様の画像は見当たりませんでした。

嫁は一般人のため公表されていませんが、スラっとした綺麗な方ですね。

お二人は交際半年でスピード婚をしましたが、上記のとおり授かり婚でしたので結婚後まもなく第一子が誕生しています。

数年後の2016年には、なんと第二子も誕生しました。

坂口憲二さんも二児のパパだったんですね。

難病になってしまいましたが、ナレーションなどのお仕事などもされていましたし、しばらく活動休止されますが、元気になってまた姿を見せてくれることを祈っています!

 

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。