ナスDこと友寄隆英が黒くなって気絶した原因は?その後どうなった?7/2アマゾンスペシャル【地球征服】

こんにちは^^

私のハマっている『地球征服するなんて』アマゾン編、前回までのあらすじを、ざっと説明すると・・・

アマゾンスペシャルで100万人以上の部族があるという南米アマゾンに潜入!

シピボ族潜入取材の時に、先住民からウィトをすすめられて、全身に塗りたくり、真っ黒になってしまったナスディレクターことナスD

あまりにも真っ黒すぎて、いろいろな場所で怪しまれるというオチ付きで、外人からも「お前日本人か?」と疑われる過酷な状態だったけど、ナスDは「全然楽しい」という破天荒ぶり(笑)

 

Sponsored Link

 

ナスディレクターとU字工事のアマゾン潜入についてあらすじ

 

U字工事とナスDの乗るヘンリー号はアマゾンからイキトスを往復する船で、1日3食付きで乗船料3500円という、日本人からすれば格安の乗船料。

料理長はオネェのアンヘル。ちなみに料理人は全員オネェ。その理由は、体力があって真面目に働くから、という理由らしいです。

この料理長も相当ネタとしては面白いけど、そこで密着しているナスDがもっと面白いのです。

 

ナスDこと友寄隆英ディレクター

 

ナスディレクターが気絶するまでの道のり

 

ヘンリー号が各地で停船するたびに、先住民の手伝いをして荷物運びをしていたナスD。顔をハチに刺されるも、平気で、夜中からはヘンリー号でオネェコックの料理の取材を続けているため、3日間でわずか2時間しか寝てなかったのです。

ちなみに深夜にも停船するし、アマゾンでの取材に興奮していたナスDはずっと寝ないまま取材を続けていたのです。

結局不眠不休のまま4日間、ずっと取材を続けた結果・・

ナスは「アマゾン川を見たい!」という夢のために、ヘンリー号に乗って取材していたのに、最後の2時間で倒れ込むように寝てしまいアマゾン川を見れなかったという可哀想な結果になりました。

ヘンリー号がイキトスに到着しても全く意識がなく、かつぎ出されたのです。夢にまで見たアマゾンの地に、気絶しながら上陸したナスD。

というかこの番組、一応U字工事が潜入ってなってるけど、U字工事がほとんど映ってなくてほぼナスDが独占している状態なのも面白い。「お~いU字工事どこ?」状態。

Sponsored Link

ナスD気絶後ホテルに担ぎ込まれてロケ中断

 

気絶した後ホテルのベッドに寝かされるも、ほとんど意識がなく脱力して眠っているナスディレクターに、現地のガイドが心配して「命をかけて助ける」という緊迫した場面もあり、少々心配しましたが、翌日、すっかり元気になったナスDの姿が!

しかも気絶したことすら記憶がなく、何事もなかったように撮影が進められました。無事で一安心ですね。

ちなみにこの現地ガイドも結構面白くて、ナスDについて「この男だけはお手上げだ!」とかツッコミをいれて、すごくナスDへの愛を感じますね!

 

というか、この時点でも番組の前半ほとんどがナスディレクター(友寄隆英ディレクター)メインで進んでいて、U字工事はどこへ?という状態(笑)←本当はメイン

復活した後、元気満々でパワーアップしたナスDですが、相変わらず顔のほうも黒いまま、ウィトによって黒くなったまま治らないようです。でも真っ黒ではなく灰色がかってきていて、顔色もよくなってきているように見えました。

番組でも”破天荒ナスD2”のネーミングがつけられていてガッツリ話題をさらっている友寄隆英ディレクターに今後も注目したいと思います。

 

 

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。