竹内智香のハーフっぽくてかわいい画像は?怪我の回復や筋肉が凄い!


スノーボードの竹内智香(たけうちともか)選手が平昌冬季五輪に向けて注目されています。

竹内智香さんは2016年に大きなけがをしてしまったのですが、その状態やオリンピックに向けて復帰できるのかどうか?

けがをした時に「切れてよかった」と言った意味は…?

また、外見も綺麗で堀が深く英語も話せてハーフっぽいですが、実際どうなのでしょうか。

出身や経歴なども気になります。

それでは竹内智香さんの怪我や筋肉トレーニング、かわいい画像なども合わせてご紹介したいと思います。

Sponsored Link

竹内智香のかわいい画像やプロフィール

竹内 智香(たけうち ともか)

1983年12月21日

年齢 34歳

北海道旭川市出身

クラーク記念国際高卒

身長 165cm

体重 62kg

血液型:A型

広島ガス所属

英語とドイツ語が得意

2002年のソルトレークオリンピックに出場してから4連続で五輪に出場しています。

2014年のソチオリンピックで銀メダル獲得。

2012年12月のワールドカップで優勝。

 

竹内智香はハーフなの?

竹内智香さんですが、パット見た感じが堀が深くて目鼻立ちがはっきりしているためハーフと言われてもおかしくありません。

しかも英語とドイツ語が得意とのことで、ハーフなのかと思ってしまいます。

ですが実際は北海道旭川市出身の日本人でした。

スノーボード選手として有名な竹内智香さんですが、画像を見るととても綺麗でモデルさんのようですね。

身長も165cmありますので目立ちそうです。

過去に4度もオリンピックに出場しており、今回の平昌オリンピック出場も期待されている選手です。

そんな竹内智香さんですが、実は大怪我をしてしまったのです。

Sponsored Link

怪我の状態や回復は?

竹内智香さんが大怪我をしたのは2016年の3月。

ドイツのW杯で、着地がうまくいかず、着地後に強烈な痛みを覚えてそのままレースを破棄しました。

怪我の状態は

“左膝前十字靭帯断裂”

というプロのスポーツ選手にとってはかなり深刻なものでした。

竹内さんはドイツW杯で、そのジャンプを飛ぶ前から嫌な予感があったそうです。

普通なら怪我をすればショックで落ち込みますよね。

しかし、竹内智香さんはその怪我をポジティブに受け止め「その時靭帯が切れてよかった」と思ったそうです。

怪我をしたことにより逆に「これは面白くなりそうだ」と思ったそうで、怪我のおかげで、怪我を乗り越えて頑張る目的ができた!とまで思ったそうです。

なんというポジティブシンキング。

逆境を原動力に変える力が半端ないですね!

怪我から回復するためのリハビリも楽しんでこなしたそうです。

そしてその想い通り、見事に怪我を克服して2018年の平昌オリンピック出場が決定しました。

 

竹内智香の実家が有名旅館だった!

竹内智香の結婚や実家の旭岳温泉の旅館湧駒荘はどこ?不祥事は無い!

竹内智香の筋肉トレーニングが凄い!

今回の平昌五輪で日本女子選手史上最高タイの5大会連続出場をなしとげる竹内智香さんは、日々のトレーニングもかなりハード。

平昌冬季五輪出場のための体力づくりをしなければなりません。

 

  • ランニングや自転車でのトレーニング
  • 1分全力で動き1分休息して筋肉を強化するメニュー
  • 上半身を鍛えるために50キロのダンベルを持ち上げるメニュー

などで相当ストイックに鍛えてきたそうです。

こちらで日々のトレーニングの様子を見ることができます。

 

 

そんな努力が実って、見事平昌オリンピックに出場が決定した竹内智香選手。

銀メダルを獲得されているので、今回はもちろん金メダルを狙って行くと思われます。応援したいですね。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。